重曹掃除の方法 −旬の魚の油がポタポタの魚焼きグリルに!−

【魚焼きグリル】
 旬の焼き魚って、四季のどれをとっても美味しいですよね。けど、旬な魚ほど油が出てくるもの。

 そんなタップリ油がのった魚を焼くグリルの重曹掃除を紹介します。

 魚焼きグリルは、普通に使っていても油汚れがひどくなるので、汚れる前に重曹を利用する事をおすすめします。

 魚焼きグリルのトレーに、数ミリ位の水やお湯を張って、重曹粉をパッパッと振りかけます。
後は、普通にお魚を焼くだけ。重曹粉を使わない時より、油汚れが付き難くなり、水洗いだけで油汚れが落ちます。

 重曹の消臭効果で、グリルのトレイにもスポンジを握った手にも、魚の臭いが付き難くなります。

 焼き魚グリルのトレーに、重曹粉をビッシリ敷き詰めると、さらに後の掃除が簡単になるとっても有効な重曹掃除の方法です。
焼魚から滴り落ちた油を重曹が吸い取ってくれるので、簡単な水洗いで油はサッパリ取れます。
多めの重曹を使うので、魚の臭いもほとんどつきません。

 重曹粉が油汚れで真っ黒にならなければ、毎回洗い流しをしなくても、次回に重曹粉を足すだけで大丈夫。
真っ黒になった重曹は、他の油物の洗物や排水口の重曹掃除などに使用するとエコ掃除になります。

 網には酢を塗ると、魚の油汚れが付き難くなります。スポンジなどに酢を少々垂らして、魚を焼く前に網に塗りつけましょう。
ただし、鉄で作られている部分に酢を塗ると錆びてしまうので、注意してください。
 
 これで、魚好きの家庭では年中焼き魚レンジに灯がともるかも?!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。