重曹掃除の方法 −火加減間違えた?のお鍋の焦げに!−

【お鍋の焦げ】
 料理中にチョッと他のことをしていたら家の中に香ばしい臭いが...食材によっては付きやすいものもある焦げ、気をつけてるつもりでも飛び散った食べ物の細かな汚れがついてしまいませんか?

 鍋に頑固な焦げが付いてしまったら、焦げの高さまで水を張って、重曹粉をドサドサと大さじで1〜2杯入れて下さい。
これを火にかけて、グツグツと沸騰させます。沸騰したらそのまま一晩寝かせましょう。
翌日になると黒い焦げ付きがやわらかくなって、なべ底から剥がれ易くなっています。
後は、たわしやスポンジでゴシゴシと擦って、よく磨いて下さい。これでピカピカお鍋に変身です。

 厚〜い焦げが付きやすい土鍋や、油汚れの強いフライパンなどにも使えますので、是非、この重曹掃除の方法を試してみてください。

 煮立たせる時に、重曹粉に加えて、お酢を大さじ1〜2杯入れるとより効果が表れます。強烈に頑固な焦げには試してみてください。

 普段の手入れやチョッとした汚れなら、お鍋に重曹粉をパラパラとまぶす程度に振りかけて、たわしやスポンジでこすり洗いをすれば十分です。
傷つきやすいホーロー鍋などには、粒子が細かい重曹が持つやわらかい研磨作用が最適です。

 ※アルミ鍋に重曹を使用すると黒ズミが付きますので、この重曹掃除の方法での掃除はしないで下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。