重曹掃除の方法 −包丁傷を目立たせたくない まな板に!−

【まな板】
 包丁を使う度に、包丁傷が増えていく まな板。
 包丁傷の隙間には、前にさばいた食材の臭いや雑菌がウヨウヨです。
 そんな?まな板の重曹掃除の方法を紹介します。

 まな板に、水をサラッと流して表面を湿らせます。その上に重曹粉をパラパラと全体に行き渡るように振りかけ、10分程おきます。
おいている間に、重曹のアルカリが包丁傷の奥にある汚れを取り易くしてくれます。

 しばらく置いたら湿ったスポンジやタワシで、重曹粉をまな板にすり込むように、円を描きながらゴシゴシ磨き掃除をしてください。

 仕上げに、まな板全体に熱湯をかけ、重曹粉を洗い流します。重曹と熱湯の殺菌コラボレーション効果で、まな板の雑菌が消毒され消えていきます。

 さらなる洗浄や消毒、雑菌の繁殖予防、食材の臭い消しをお望みなら、まな板に酢水をスプレーしておくと良いです。酢水スプレーの変わりに、薄めたお酢を湿らしたふきんやキッチンペーパーを、まな板にかぶせて、お酢パックにしてあげるとより効果的です。
 
 これで気持ち良く料理ができて、料理のお味も数%アップ?!


 ※黒ずみの原因となる恐れがあるので、
   木やアルミ製のまな板には、この重曹掃除の方法は向きません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。