重曹掃除の方法 −汚れやすいトイレに!−

【トイレ】
 トイレの中ならば、重曹粉をふりかけて10分ほどおいて汚れを浮き上がらせます。時間が経ったらブラシで磨けばOK。トイレふちの内側には、重曹液をスプレーした方がシッカリ汚れに密着するので良いでしょう。

 重曹をふりかける前に,トイレの排水部分をブラシで突っついて水の量を少なくしておけば、普段の水位に出来る水垢汚れも重曹掃除することが出来ます。そのままブラシも重曹粉をふりかけた水に浸しておけば、汚れを落とす事が出来ます。

 トイレの外側や便座には、重曹液をスプレーして、しばらくおいた後、トイレットペーパーや雑巾で拭き掃除してください。トイレットペーパーホルダーの汚れ落しにも重曹液をふきかけて、重曹掃除すると良いでしょう。

 頑固な汚れには、クエン酸を水に溶いたものを重曹液と同じようにスプレーして20分程おいた後、重曹粉をふりかけてさらに10分おいて、ゴシゴシとブラシでみがけばきれいに汚れが落ちます。クエン酸はアンモニア臭を消す作用があるので、トイレ掃除には持って来いです。クエン酸液も作り置きしてスプレー容器に入れておくと良いでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。